ホーム>新着情報>お知らせ>【親族】とは・・・   『参考資料』
お知らせ

【親族】とは・・・   『参考資料』

 

親族には血族姻族という種別があります。

 

血族とは、血のつながりのある親族のことをいい、

姻族とは、一方の配偶者と他方の配偶者の血族との関係のことをいいます。

さらに、血族には「尊属(そんぞく)」「卑属(ひぞく)」という呼び名が

あり、この尊属と卑属という区別は、遺産相続の場面においても誰が法定

相続人となるのか、代襲相続人となるのかという点で重要となってきます。

 

尊属とは、自分よりも前の世代に属する血族のことをいいます。

要するに、先祖に当たる人のことです。

具体的にいえば、父母、おじおば、祖父母、曾祖父母などが尊属に当たり

ます。

この尊属のうちで、直系の尊属(直系革属)は、第2順位の法定相続人と

なります。

 

直糸とは、一方が他方の子孫に当たる関係のことをいいます。

具体的にいえば、父母、祖父母、曾祖父母などが直系尊属に当たります。

ちなみに、直系に対して傍系(ぼうけい)というものもあります。

傍系とは、共通の始祖から枝分かれした関係のことをいいます。

例えば、おじおば、祖父母の兄弟姉妹などが傍系血族に当たります。

 

卑属とは、自分よりも後の世代に属する血族のことをいいます。

要するに、子孫に当たる人のことです。

具体的にいえば、子、甥姪、孫、曾孫などが卑属に当たります。

この卑属のうち、子は第1順位の法定相続人です。

民法では、相続人になれる人を決めており、それを法定相続人といいます。

そして、相続人になる人の順序も決められています。

被相続人の配偶考(夫や妻)は常に相続人になりますが、血族相続人には

優先順位があり、優先順位の上位の者がいると下位の者は相続できません。

また、孫は代襲相続人になる場合があります。

代襲相続制度とは、相続の開始まりも前に相続人が死亡している場合に、

その相続人の子供が代わりに相続人となるという制度です。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wel-shion.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/49