本文へ移動

ウェル・しおんについて

わたしたちの想い

わたしたちは、皆様の葬祭にまつわる事柄をサポートする為に、大きく分けて二つの事業を行っております。
一つ目の事業は、最後のお別れとなる「火葬」(火葬のみ=直葬)をサポートするため、「ウェル・しおん」が「火葬のみ」のプランである『しおん』を販売いたします。また二つめの事業としましては、「葬送の今を考える会」がセミナーを主催し、『現代の葬送』をはじめさまざまなテーマ通じて、決して後悔しないご葬儀選びをしていただけるよう、定期的に”葬送セミナー”を開催いたします。併せて、生活保護受給者の「福祉葬(葬祭扶助」のご案内もいたします。皆様個人個人に適した「葬送」(ご葬儀)を「コーディネート」(ご提案)する窓口として、当社をご利用いただければ幸いです。
 
厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査
1級葬祭ディレクター 代表 中村清貴

経営理念

一、地域社会に貢献する
一、社会的弱者の役に立つ
一、適正価格を順守する

"ウェル・しおん"とは

設立の経緯

 「葬儀業界の現状と課題を踏まえ、冠婚葬祭互助会で培った経験を活かし、現代の葬送に適合した商品を造るべく、私は定年退社後事業を起こす決心を固めました。商品を造るに当たり、葬儀の二極化時代と呼ばれる昨今に見られるように、会葬者の数が極端に多い葬儀と、身内だけの家族葬や直葬(火葬のみ)に代表される小さなお葬式のどちらを選択するかは迷いませんでした。大きな葬儀は、既存の大手葬儀社にお任せし、私は小さな葬儀を選択いたしました。中でも、葬儀業界では「荼毘(だび)」(火葬のみ)と呼びます、お通夜、告別式をしないものを選びました。
 
 超高齢化時代の今、葬儀に高額な費用を「かけられない」、また、「かけたくない」など事情は様々です。私は、消費者がわかりやすいサービス内容、価格を目指し起業いたしました。
ウェル・しおん名前の由来
名前の由来
”ウェル・しおん"の「ウェル」とは、2つの「ウェル」。
  1. フェアウェル(Farewell=永別)
  2. ウェルフェア(Welfare=福祉)

「しおん」は花の紫苑(花言葉は「追憶」)から取って名付けました。

コンセプト

ウェル・しおんコンセプト
 利用者にとって、大小の葬儀に関わらず、その価格は解り難いと思います。そこで私は、サービス内容は「必要最低限」を旨とし、利用者に理解、納得をして いただける販売価格を模索致しました。
 
 価格を決めるのは、サービスを提供する側(葬儀社)が確保する利益の幅です。したがって「適正価格」「適正粗利」で決まります。私は当社の「火葬のみ」のプラン商品『しおん』を造るに当たり「必要最低限」「適性粗利」「適正価格」をコンセプトとして取り組みました。

代表の紹介

プロフィール

ウェル・しおん代表 中村清貴
名前 中村 清貴 (なかむら きよたか)
生年月日 昭和27年7月26日
干支
星座 獅子座
血液型 A型
厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査
1級葬祭ディレクター
 

経歴

 「平成10年3月より平成25年7月(定年退職)迄、冠婚葬祭互助会の株式会社 千代田セレモニーに勤務、婚礼(セレス相模原)・葬儀(相模原儀礼センター)に従事しました。在職中は、相模原安全運転管理者会の理事・常任理事・副会長を務める他、相模原防災協会の理事、相模原間税会の理事も務めました。
 
 退職後は、相模原安全運転管理者会の事務局長、相模原間税会の理事を務め現在に至っております。

組織概要

組織名
ウェル・しおん  /  葬送の今を考える会
代表者
中村 清貴
開業
平成26年3月20日
相模原市役所及び相模原税務署に「事業等の開始」を届出
所在地
神奈川県相模原市中央区中央3-7-9  リトル・ウッズ中央403 ≫アクセス詳細
電話番号
042-815-0678
FAX
042-815-0787
定休日
日曜日・祭日
営業時間
24時間受付(ご葬儀の受付)
9:30~17:30(葬送セミナー・事前相談の受付)
資格等
<厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査 1級葬祭ディレクター>
合格証書発行年月日 平成19年9月26日
合格証番号 07-1-0313
事業内容
セミナー開催、葬儀運営サポート、福祉葬サポート
ウェル・しおん
神奈川県相模原市中央区中央3-7-9  リトル・ウッズ中央403
TEL:042-815-0678
FAX:042-815-0787
定休日:日曜日・祝日
 
●事業内容
・セミナー開催
葬儀運営サポート
福祉葬サポート
TOPへ戻る